RC studio92

趣味のRCについての節約術とtipsなどなど…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユーザー車検とランチ(喫茶Y)

ラジコンネタではありませんが・・・

今日は有休を取って
ユーザー車検と梅田の有名喫茶店「喫茶Y」でランチ
してきました!
ここ最近はちょっと仕事に余裕があって有給がとりやすいのと、今年は色々と物要りなので節約の意味もあって、ユーザー車検に挑戦してきました!
陸運


一応、下準備は次のような感じでしておきました。
 ・グーグルで「ユーザー車検」を調べつくす
 ・自賠責保険の継続手続きをしておく
  (陸運局でもできるそうですが、現場でばたばたしたくなかったので、友人の保険屋さんに頼んで事前用意しました)
 ・交換した公認マフラーの証明書を探し出す(笑)
 ・陸運局のHPから予約しておく
 ・ドライブがてら現場の所在地確認をしておく
 ・エンジンルームを丸洗い
 ・下回りをコイン洗車場で洗う
 ・車についている整備手帳の内容はチェックしておく
 ・発煙筒の期限が切れていたのでオートバックスで購入
 ・バックライトを取り外す(スイッチでonn/off出来ても外すように指示されたので)

はっきり言って趣味でやってる部分が結構あります(エンジンルーム丸洗いとか・・・)。上の事を全部する必要は無いと思います・・・

で、現場に入ってからは・・・
 1:継続車検用紙1式を購入&検査手数料の支払い(1560円ぐらいでした・・・確か・・・)
 2:用紙に記入
 3:自動車税の支払い
 4:書類を提出して印鑑をもらう
 5:いったん陸運局を出て民間のテストセンター(地図表示)で光軸調整込みのテスト一式をしてもらう
 6:テストセンターで見てもらった後、陸運局へ戻って、検査ラインへ並ぶ
 7:検査官に言われるままに車を動かすと、知らぬ間に合格・・・(笑)
 8:合格の印鑑をもらったらそのまま事務所に書類を提出すると、新車検証がもらえる

以上、だいたい1時間半ぐらいで終わりました!
あっけなさすぎました・・・

僕の車の場合で
85440円(多分)
でした!

プラド

今まで10数万円払ってた車検って一体・・・
皆さんも一度やってみてはいかがでしょうか?
いい経験になりますよ!


で、車検の後は時間があったので、
大盛りで有名な「喫茶Y(ワイ)」に行ってきました!
Y


僕は「Y定食:700円」、相方は「ハンバーグ定食:800円」をそれぞれ頼みました。

で、ハンバーグ定食は以下の6品!
 ・チキンハンバーグ3個とハム
ハンバーグ

 ・ベーコンエッグ(卵3~4個)
ベーコン

 ・白菜の煮物
白菜

 ・大根の煮物
大根

 ・みそ汁
みそ汁

 ・ごはん(写真割愛)

次にY定食は以下の7品!
 ・チキンハンバーグとスクランブルエッグ
ハンバーグとスクランブル

 ・コロッケ2個
コロッケ

 ・きんぴらゴボウ
きんぴら

 ・白菜の煮物(ハンバーグ定食と同じなので写真は割愛)
 ・大根の煮物(ハンバーグ定食と同じなので写真は割愛)
 ・みそ汁(ハンバーグ定食と同じなので写真は割愛)
 ・ご飯

色々な人のブログを見ると、もっとたくさんのおかずが出てきたようです・・・
今日は平日でお客も多かったので少なかったのかもしれませんね。
それでも普通の人なら十二分の量です!

そうそう!
最後に周りの人が食べてるカレーがおいしそうだったので、
「カレーをかけてもらえませんか?」
と、頼んだところ・・・

カレー


サービスでしてくれました!

今度は土曜日のすいている時間にでも行ってみようと思います!
スポンサーサイト
  1. 2007/01/15(月) 22:36:36|
  2. 実車
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

studio92

Author:studio92
FC2ブログへようこそ!

92_RC(Twitter)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。